3つのタイプで分けた一般的な保湿成分の種類

保湿成分によって、水分をキープする方法が違います。

肌の状態に合わせて使い分けることができます。

保湿成分を3つのタイプに分けてみました。

水分を挟み込みタイプ

このタイプは、水をサンドイッチ状に挟み込んでしっかりキープします。

セラミド

セラミドは細胞間脂質の約40%を占めています。

細胞間脂質は細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在です。

セラミドはもともと体内にある成分で、水分を強力に挟み込んでキープし、肌にうるおいを与えます。

湿度が下がっても、水分をキープできる最強の保湿成分。

スフィンゴ脂質

セラミド以外の細胞間脂質。

保湿力はセラミドより弱いです。

水素添加大豆レシチン

大豆から抽出される成分

ステアリン酸コレストロール

セラミド以外の細胞間脂質。

保湿力はセラミドより弱い。

水分を包み込むタイプ

真皮に元々ある成分などが良く使われてます。

この成分を肌に使った場合、真皮まで吸収されることなく、角質の中に保湿として働きます。

湿度が下がっても、水分を抱かえ込んだままキープしてくれます。

スキンケアアイテムだけではなく、ボディクリームやハンドクリームにも配合されてます。

ヒアルロン酸

真皮にあるゼリー状の成分。

200~600倍の水分をキープできる力がある。

敏感肌におすすめです。

コラゲン

真皮では弾力を保つ働きをもっているが、化粧品として配合される場合は保湿成分となります。

しかし、真皮までは吸収されないです。

エラスチン

真皮にある成分のひとつです。

保湿力が強いため、化粧品に配合されることもあります。

ヘパリン類似物質

血液中のヘパリンと言う物質に水分を含む力があることから類似の成分を保湿成分として応用したものです。

医薬品にも使われています。

水分をつかむタイプ

水分を吸湿する性質がありますが冬場など湿度が低い時には保湿力が低下しまいます。

NMF(天然保湿因子)

角質細胞内にある水溶性の成分。

アミノ酸や尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)など、約20種類の成分で構成されています。

保湿力は強くないけれど、さらっとして使用感がよいので化粧水に良く含まれていることが多いです。

PG(プロピレングリコール)、グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)

多価アルコール。

吸湿性に優れ、化粧品に良く使われる成分。

保湿力はあまり強くないです。

まとめ

自分に合う保湿化粧品を選ぶときは必ず成分など書かれてる説明書をよみましょう。

使い方や使用量をしっかり確認して使うと、トラブルも少なくなります。

出典先:正しいスキンケア辞典(高橋書店)

error: Content is protected !!